【名曲】歌姫達が憧れる!ローリン・ヒルのおすすめソング10選+おまけ! | 洋楽のすゝめ

【名曲】歌姫達が憧れる!ローリン・ヒルのおすすめソング10選+おまけ!

1994年フージーズのメンバーとしてデビュー。ビヨンセ、安室奈美恵等の世界中の歌姫達に多大な影響を与えたR&Bシンガー兼ラッパー。

女優、モデル、フージーズのメンバーとして活躍した後、大傑作デビューアルバム「The Miseducation of Lauryn Hill」発表(1998年)。グラミー賞11部門ノミネート、女性アーティスト史上最多の5部門を受賞しました。

今回は、ローリン・ヒルの私的名曲ランキングです。

それでは第10位から…

10位:Nothing Even Matters

1998年発表。1stアルバム「The Miseducation Of Lauryn Hill」からの1曲。

ネオ・ソウルを代表するシンガー、ディアンジェロとのデュエット曲。しっとりした大人のラブ・ソング。

この2年後、ディアンジェロは大傑作2ndアルバム「Voodoo」(2000年)を発表しました。

9位:I Used To Love Him

1998年発表。1stアルバム「The Miseducation Of Lauryn Hill」からの1曲。

クイーン・オブ・ヒップホップ・ソウル、メアリー・J・ブライジとのデュエット。2人のパワフルかつソウルフルな歌声は圧巻です。

なお、メアリー・J・ブライジの4thアルバム「Mary」(1999年)には、ローリン・ヒルが曲の提供とプロデュース、バックヴォーカルを担当した「All That I Can Say」という曲がありますので、こちらも要チェックです。

8位:The Sweetest Thing

1997年発表。映画「Love Jones」のサウンドトラックからの1曲。

ローリン・ヒルのソロデビュー曲。優しいサウンドにローリン・ヒルの優しい歌声。優しさ満点でリラックス効果抜群の1曲です。

7位:Forgive Them Father

1998年発表。1stアルバム「The Miseducation Of Lauryn Hill」からの1曲。

レゲエの神様ボブ・マーリー色の強いヒップホップ・ソウル・レゲエ。ボブ・マーリーと同じく温かいサウンドが特徴的。

6位:When It Hurts So Bad

1998年発表。1stアルバム「The Miseducation Of Lauryn Hill」からの1曲。

ラップ無しの直球R&Bソング。ローリン・ヒルの歌声が堪能できる1曲です。

5位:Everything Is Everything

1998年発表。1stアルバム「The Miseducation Of Lauryn Hill」からの1曲。

スクラッチとループ・サウンドが特徴的なザ・ヒップホップ・ソウル。2004年に満を持してデビューするジョン・レジェンドがピアノで参加しているそうですが…。あまり目立ってはいませんね。

4位:Lost Ones

1998年発表。1stアルバム「The Miseducation Of Lauryn Hill」からの1曲。

ローリン・ヒルの力強いラップが堪能できるヒップホップ・クラシック。ここまでラップと歌の両方が上手い二刀流シンガーっていないのでは?

3位:To Zion

1998年発表。1stアルバム「The Miseducation Of Lauryn Hill」からの1曲。
ラテン系ロックの名ギタリスト、カルロス・サンタナ参加。ローアン・マーリー(ボブ・マーリーの息子)との間に生まれた息子ザイオンについて歌った曲です。
当時は「Ex-Factor」と共にソニーのCM曲として流れていました。

2位:Doo Wop (That Thing)

1998年発表。1stアルバム「The Miseducation Of Lauryn Hill」からの1曲。

ベーシックなピアノ・ループと派手なホーン・サウンドにローリン・ヒルのラップと歌声の両方が堪能できる代表曲。親しみやすいメロディーの印象的。

1位:Ex-Factor

1998年発表。1stアルバム「The Miseducation Of Lauryn Hill」からの1曲。

90年代最高のR&Bソングと言ってもいいかも…。クラシック・ソウル感漂うサウンドにローリン・ヒルのソウルフルな歌声爆発。クライマックスに最もキャッチャーなサビを持ってくるメロディー展開が秀逸です。

当時は「To Zion」と共にソニーのCM曲として流れていました。

最近では、人気ラッパーのドレイクが「Nice For What」という曲で最後のサビの部分を大胆にサンプリング。

おまけ①:Can’t Take My Eyes Off Of You

1998年発表。1stアルバム「The Miseducation Of Lauryn Hill」からの1曲。

邦題「君の瞳に恋してる」。1967年にフォー・シーズンズのフランキー・ヴァリが発表した名曲のカバー。オーソドックスなR&Bバージョンですが、オリジナルに勝るとも劣らない曲に仕上がっています。

おまけ②:Killing Me Softly

1996年発表。フージーズの大ヒット2ndアルバム「The Score」からの1曲。

邦題「やさしく歌って」。1972年にリーバーマンが発表。後にロバータ・フラックがカバーして大ヒットした名曲。

ロバータ・フラックのバージョンとはまた違った味のある現代バージョンに仕上がっています。

おまけ③:Rumble In The Jungle

1996年発表。映画「When We Were Kings」のサウンドトラックからの1曲。

フージーズ、ア・トライブ・コールド・クエスト、バスタ・ライムス共演のヒップホップ・クラシック。大物ラッパー達にも負けないローリン・ヒルのラップが素晴らし過ぎます。

おまけ④:The Miseducation of Eunice Waymon

2019年発表。アメリゴ・ギャザウェイがニーナ・シモンとローリン・ヒルの曲をマッシュアップした作品。(現在まで知らなかったのですが、アメリゴ・ギャザウェイって天才ですね!)

ローリン・ヒルは、ニーナ・シモンのトリビュート盤「NINA REVISITED a Tribute NINA SIMONE」に5曲も参加しているほどのシモン好き。

おまけ⑤:Doo Wop (That Thing) (DJ Discretion Remix)

2パックをフューチャーしたリミックス曲。この曲はもともと2パックをフューチャーする予定だったため、その音源があったのかも…。

まとめ

1位:Ex-Factor / The Miseducation Of Lauryn Hill
2位:Doo Wop (That Thing) / The Miseducation Of Lauryn Hill
3位:To Zion / The Miseducation Of Lauryn Hill
4位:Lost Ones / The Miseducation Of Lauryn Hill
5位:Everything Is Everything / The Miseducation Of Lauryn Hill
6位:When It Hurts So Bad / The Miseducation Of Lauryn Hill
7位:Forgive Them Father / The Miseducation Of Lauryn Hill
8位:The Sweetest Thing / Love Jones(Sound Track)
9位:I Used To Love Him / The Miseducation Of Lauryn Hill
10位:Nothing Even Matters / The Miseducation Of Lauryn Hill

これまでに(2020年6月時点)、ローリン・ヒルは、ソロで2枚のオリジナル・アルバム(「The Miseducation Of Lauryn Hill (1998)」、「MTV Unplugged No 2.0 (2002)」)、グループで2枚のオリジナル・アルバム(「Blunted on Reality (1994)」、「The Score (1996)」)を発表。

オリジナル・アルバムが少ないため、一般的なローリン・ヒル・ファンも同じような選曲ではないでしょうか?(もしかすると、フージーズ推しのファンは…「Ready Or Not」「Fu-Gee-La」を好きかもしれません。)