【名曲】クレイジー!セクシー!クール!TLCのおすすめソング10選! | 洋楽のすゝめ

【名曲】クレイジー!セクシー!クール!TLCのおすすめソング10選!

1992年デビュー。T-ボズ(T)、レフト・アイ(L)、チリ(C)。

90年代を代表するガールズ・グループ。1994年発表の2ndアルバム「CrazySexyCool」は彼女達の代表作、かつ90年代のヒップホップ・ソウルの大名盤。

グループ名のもう一つの由来(Tender Loving Care)通り、愛情たっぷりのガールズ・パワー炸裂。

今回は、TLCの私的名曲を紹介します。

それでは第10位から…

10位:Girl Talk

2002年発表。4thアルバム「3D」からの1曲。

アルバムからのリードシングル。中毒性のあるダンサブルなヒップホップ・サウンドに、T-ボズとチリの熟した歌声とレフト・アイのクレイジーなラップ。2000年代TLCの幕開け。(かと思ったら、アルバム発表6カ月後にレフト・アイが亡くなり、残念な限り…。)

9位:What About Your Friends

1992年発表。1stアルバム「Ooooooohhh… On The TLC Tip」からの1曲。

ダラス・オースティンとレフト・アイ制作。ジェームス・ブラウンの「Blues & Pants」をサンプリング。T-ボズとレフト・アイのリード・ボーカルも元気満点。

この曲は、日本の女性R&Bグループ「SPEED」に似ているかも…。(SPEEDはTLCの大ファンらしいです…。)

8位:Case Of The Fake People

1994年発表。大傑作2ndアルバム「Crazysexycool」からの1曲。

ダラス・オースティン制作。落ち着いたヒップホップ調のトラックにポップなサビ。シングルカットすれば大ヒットしたかも…。

7位:Kick Your Game

1994年発表。大傑作2ndアルバム「Crazysexycool」からの1曲。

ジャーメン・デュプリとマヌエルシール、レフト・アイ制作。シンプルで派手さはないのですが、ジワジワと好きになってしまうスルメ・ソング。

6位:Baby-Baby-Baby

1992年発表。1stアルバム「Ooooooohhh… On The TLC Tip」からの1曲。

L.A.リードとベビーフェイスの黄金コンビ制作。90年代のR&Bは、まさにL.A.リードとベビーフェイスの時代。特にベビーフェイスはアメリカの小室哲哉的な存在。

5位:Red Light Special

1994年発表。大傑作2ndアルバム「Crazysexycool」からの1曲。

ベビーフェイス制作の大ヒット曲(全米2位)。スローテンポの曲展開がT-ボズのハスキーボイスを際立たせてセクシー。

4位:Diggin’ On You

1994年発表。大傑作2ndアルバム「Crazysexycool」からの1曲。

ベビーフェイス制作の大ヒット曲(全米5位)。リラックス満点のオシャレなサウンドにポップなメロディー。T-ボズのセクシーな歌声とレフトアイとチリのコーラスが最高です。

3位:No Scrubs

1999年発表。3rdアルバム「Fanmail」からの1曲。

ディステニー・チャイルドとの仕事で有名なケビン・ブリッグスがプロデュースした大ヒット曲(全米1位)。チリの力強いボーカルとポップなコーラスは完成度が高すぎます。

2位:Waterfalls

1994年発表。大傑作2ndアルバム「Crazysexycool」からの1曲。

オーガナイズド・ノイズのプロデュースが光る大ヒット曲(全米1位)。ゆったりと流れるメロディーとポップなコーラス。それに力強さとセクシーさが加わった名曲。

グッディー・モブのシーロー・グリーンがバックコーラスで参加。

1位:Creep

1994年発表。大傑作2ndアルバム「Crazysexycool」からの1曲。

ダラス・オースティン制作の大ヒット曲(全米1位)。TLCの代表曲で最高傑作。ホーン・サウンドとポップなコーラスが印象的なヒップホップ・ソウル。クレイジーでセクシーでクールな1局。

おまけ①:Sleigh Ride

1992年発表。映画「Home Alone 2: Lost in New York」のサウンドトラックからの1曲。

デビュー当時のキュートさ満点。ハッピー・クリスマス・ソング。ホワイト・クリスマスとブラック・ミュージックはこの世で最高のマッチングの1つ。

おまけ②:Unpretty

1999年発表。3rdアルバム「Fanmail」からの1曲。

ダラス・オースティンとT-ボズ制作の大ヒット曲(全米1位)。どこか懐かしい雰囲気を持つアコースティック調のナンバー。

おまけ③:Depend on Myself

1992年発表。1stアルバム「Ooooooohhh… On The TLC Tip」からの1曲。

ダラス・オースティンとレフト・アイ制作。TLC初期の隠れた名曲。サビのコーラスはまさにK-ポップ・アイドル。(TLCはK-ポップへの影響も絶大。)

まとめ

1位:Creep / Crazysexycool
2位:Waterfalls / Crazysexycool
3位:No Scrubs / Fanmail
4位:Diggin’ On You / Crazysexycool
5位:Red Light Special / Crazysexycool
6位:Baby-Baby-Baby / Ooooooohhh… On The TLC Tip
7位:Kick Your Game / Crazysexycool
8位:Case Of The Fake People / Crazysexycool
9位:What About Your Friends / Ooooooohhh… On The TLC Tip
10位:Girl Talk / 3D

これまでに(2020年7月時点)TLCは5枚のオリジナル・アルバムを発表。2ndアルバム「Crazysexycool」はヒップホップ・ソウルの大名盤。そのため「Crazysexycool」から最多の6曲がランクイン!