【名曲】カリスマ達も心酔!R.E.M.のおすすめソング10選! | 洋楽のすゝめ

【名曲】カリスマ達も心酔!R.E.M.のおすすめソング10選!

1980年結成。R.E.M.。ニルヴァーナのカート・バーンやレディオヘッドのトム・ヨーク等のカリスマ達もR.E.M.が大好き。日本ではそれほど知られていない存在ですが、アメリカやイギリスではかなりの人気者。

カート・コバーンが自殺した現場で流れていたとも言われるR.E.M.の8thアルバム「Automatic For The People」は、90年代最高のフォーク・ロック・アルバム。

今回は、R.E.M.の私的名曲を紹介します。

それでは第10位から…

10位:Cuyahoga

1986年発表。傑作4thアルバム「Lifes Rich Pageant」収録曲。

R.E.M.初期の傑作。カントリー風の軽快なアメリカン・ロックにR.E.M.特有の憂鬱感が自然と滲み出た名曲。オハイオ州にあるカヤホガ川を題材にした政治・環境問題色の強いメッセージも特徴的。

9位:Strange Currencies

1994年発表。9thアルバム「Monster」収録曲。

R.E.M.中期の傑作(全米47位)。名曲「Everybody Hurts」の雰囲気を持つロック色強めのスロー・ナンバー。

8位:The One I Love

1987年発表。傑作5thアルバム「Document」収録曲。

R.E.M.中期の大ヒット(全米9位)。疾走感のあるメロディアスなロック・ナンバー。短い歌詞に含まれる強烈なメッセージは、マイケル・スタイプ(Vo)流の歪んだラブソング。

7位:Man On The Moon

1992年発表。大傑作8thアルバム「Automatic For The People」収録曲。

R.E.M.屈指の人気曲(全米30位)。マイケル・スタイプの軽快な歌声が聴けるミドルテンポのフォーク・ロック。美しいサビのメロディーが心に残る名曲。

6位:Electrolite

1996年発表。10stアルバム「New Adventures In Hi-Fi」収録曲。

R.E.M.中期の傑作(全米96位)。美しいピアノのメロディーが印象的なミドルテンポのバラード。レディオヘッドのトム・ヨークが1番のお気に入りとして挙げた曲。

5位:Driver 8

1985年発表。3rdアルバム「Fables Of The Reconstruction」収録曲。

R.E.M.初期の代表曲。疾走感のあるギター・サウンドにR.E.M特有の憂鬱感が漂うロック・ナンバー。

4位:Fall On Me

1986年発表。傑作4thアルバム「Lifes Rich Pageant」収録曲。

R.E.M.初期の傑作(全米94位)。マイケル・スタイプのダークな歌声とコーラス・ワークが不気味な魅力を放つ名曲。

3位:Everybody Hurts

1992年発表。大傑作8thアルバム「Automatic For The People」収録曲。

R.E.M.屈指のスロー・ナンバー(全米29位)。優しさ満点のアコースティック・ギターとストリング・アレンジ。そこにマイケル・スタイプの憂鬱な歌声が交われば、不思議と魂を揺さぶられます。

トム・ヨークがR.E.M.に影響を受けたと感じることができる1曲。

2位:Losing My Religion

1991年発表。傑作7thアルバム「Out Of Time」収録曲。

R.E.M.最大のヒット曲(全米4位)。グラミー賞2部門受賞(最優秀ポップ・パフォーマンス賞、最優秀短編ミュージック・ビデオ賞)。ポップなマンドリン・サウンドと美しいメロディー展開が印象的。

1位:The Sidewinder Sleeps Tonite

1992年発表。大傑作8thアルバム「Automatic For The People」収録曲。

R.E.M.中期の傑作。ダーク感満載のアルバム「Automatic For The People」の中では明るめの曲。ポップなメロディーとマイケル・スタイプの物悲しい歌声。この組み合わせは反則技といってもいいくらい魅力的。

曲タイトルとオープニング部分はソロモン・リンダの「The Lion Sleeps Tonight」からインスパイア。

おまけ①:Find The River

1992年発表。大傑作8thアルバム「Automatic For The People」収録曲。

R.E.M.中期の傑作。R.E.M.にしては珍しい王道ポップソング。カーペンターズ風のどこか懐かしい感じがするフォーク・ロック。

おまけ②:Shiny Happy People

1991年発表。傑作7thアルバム「Out Of Time」収録曲。

R.E.M.中期の名曲(全米10位)。B-52のケイト・ピアソンをフューチャーしたバブルカム・ソング。子供向けに制作したらしいですが、大人も夢中になるスルメ・ソング。

おまけ③:Begin The Begin

1986年発表。傑作4thアルバム「Lifes Rich Pageant」収録曲。

R.E.M.中期の隠れた名曲。ギター・サウンドが印象的な軽快なロック・ナンバー。トム・ヨークの2番目のお気に入り。

おまけ④:Uberlin

2011年発表。15thアルバム「Collapse Into Now」収録曲。

R.E.M.後期の傑作。衰え知らずのR.E.Mを象徴する軽快なロック・ナンバー。楽曲の良さとマイケル・スタイプの歌声は相変わらず。

まとめ

1位:The Sidewinder Sleeps Tonite / Automatic For The People
2位:Losing My Religion / Out Of Time
3位:Everybody Hurts / Automatic For The People
4位:Fall On Me / Life’s Rich Pageant
5位:Driver 8 / Fables Of The Reconstruction
6位:Electrolite / New Adventures In Hi-Fi
7位:Man On The Moon / Automatic For The People
8位:The One I Love / Document
9位:Strange Currencies / Monster
10位:Cuyahoga / Life’s Rich Pageant

これまでに(2020年7月時点)R.E.M.は15枚のオリジナル・アルバムを発表。その中で8thアルバム「Automatic For The People」は90年代ロックの大名盤。それ以外にも「Murmur」「Life’s Rich Pageant」「Document」「Out Of Time」「Automatic For The People」「Monster」「New Adventures In Hi-Fi」等の名盤があるため、私的ランキングにはバラツキが…。