【名曲】憂鬱の快感!スミスのおすすめソング10選! | 洋楽のすゝめ

【名曲】憂鬱の快感!スミスのおすすめソング10選!

1982年結成。80年代UKロックの最重要バンドの1つ。

モリッシー(Vo)の暗い歌詞とジョニー・マー(G)のクリアーなギター・サウンドから生み出される楽曲は、バンド名とは違い全く普通じゃない!

一般的には、完成度の高い3rdアルバム「The Queen Is Dead」がスミスの最高傑作。個人的には、不思議な魅力を放つ1stアルバム「The Smiths」推し。

今回は、スミスの私的名曲を紹介します。

それでは第10位から…

10位:I Don’t Owe You Anything

1984年発表。1stアルバム「The Smiths」収録曲。

スミス初期の傑作。モリッシーのリリカルな歌声とジョニー・マーのリズミカルなギター・リフが印象的。一般的な評価は低めながら、一部のファンには好評。

9位:Some Girls Are Bigger Than Others

1986年発表。傑作3rdアルバム「The Queen Is Dead」収録曲。

スミス中期の傑作。ジョニー・マーのギター・リフがいつまでも耳から離れないロック・ナンバー。オアシスのノエル・ギャラガーが影響を受けるのも納得のギター・サウンド。モリッシーの歌詞は相変わらずひねくれていて難解。

8位:The Queen Is Dead

1986年発表。傑作3rdアルバム「The Queen Is Dead」収録曲。

アルバムの冒頭曲。ビートルズの「Tomorrow Never Knows」的なドラムが印象的。不気味なコーラスもマッチした疾走感のあるロック・ナンバー。

7位:What Difference Does It Make?

1984年発表。1stアルバム「The Smiths」収録曲。

スミス初期のヒット曲(全英12位)。モリッシー自身のお気に入り(後で嫌いになったとか…)。UKロックのお手本のようなジョニー・マーのター・リフとモリッシーの憂鬱な歌声がマッチ。後半の怪しげなコーラスも中毒性満点の名曲。

6位:The Headmaster Ritual

1985年発表。2ndアルバム「Meat Is Murder」収録曲。

アルバムの冒頭曲。モリッシー独特の歌声に引き込まれるメロディアスなロック・ナンバー。イギリスのティーンエイジャーの闇について歌ったこの曲には、レディオヘッドのトム・ヨークも共感。

5位:Heaven Knows I’m Miserable Now

1984年発表。シングル。コンピレーションアルバム「Hatful of Hollow」収録曲。

スミス初期の代表曲(全英10位)。モリッシーのひねくれたユーモアのある歌詞とジョニー・マーのリリカルなギター・サウンド。スミスを象徴する名曲。

4位:Bigmouth Strikes Again

1986年発表。3rdアルバム「The Queen Is Dead」収録曲。

アルバムの先行シングル(全英26位)。ジョニー・マーの最上級ギター・リフが炸裂するロック・ナンバー。モリッシーの内向的な歌詞もスミスらしい。

3位:There Is A Light That Never Goes Out

1986年発表。傑作3rdアルバム「The Queen Is Dead」収録曲。

スミス屈指の人気曲(全英25位)。リズミカルなギター・サウンドと中盤から流れるストリング・サウンドが印象的なアップテンポ・ナンバー。モリッシー独特の情熱的なラブソング。

2位:This Charming Man

1983年発表。2ndシングル「This Charming Man」収録曲(後に1stアルバム「The Smiths」にも収録)。

スミス初期のヒット曲(全英25位)。モリッシー独特の世界観とジョニー・マーのクリアーでリズミカルなギター・サウンドが印象的な名曲。

1位:Reel Around The Fountain

1984年発表。1stアルバム「The Smiths」収録曲。

デビュー・アルバムの冒頭曲に相応しい名曲。モリッシーの憂鬱ながらも優しい歌声とジョニー・マーのリリカルなギター・サウンド。初期作品ということで完成度は低いのかもしれませんが、なぜか魅かれてしまう不思議な曲。

おまけ:How Soon Is Now

1984年発表。シングル「William, It Was Really Nothing」収録曲(後に2ndアルバム「Meat Is Murder」にも収録)。

シングルのカップリング曲にも関わらず、スミス屈指の人気曲。ジョニー・マーの斬新なギター・リフが高評価。卑屈な歌詞の内容に共感する人も多い名曲。

たぶん、音楽上級者向けで私はどうも苦手。

まとめ

1位:Reel Around The Fountain / The Smiths
2位:This Charming Man / This Charming Man ※Single
3位:There Is A Light That Never Goes Out / The Queen Is Dead
4位:Bigmouth Strikes Again / The Queen Is Dead
5位:Heaven Knows I’m Miserable Now / Heaven Knows I’m Miserable Now ※Single
6位:The Headmaster Ritual / Meat Is Murder
7位:What Difference Does It Make? / The Smiths
8位:The Queen Is Dead / The Queen Is Dead
9位:Some Girls Are Bigger Than Others / The Queen Is Dead
10位:I Don’t Owe You Anything / The Smiths

1982年から解散する1987年までに、スミスは4枚のオリジナル・アルバムを発表。一般的に2ndアルバム「Meat Is Murder」と3rdアルバム「Automatic For The People」は高評価。個人的には初期のスミスが好きなため、私的ランキングには初期作品が多めでした。