【名盤】最恐ヒップホップ集団!ウータン・クラン関連のおすすめアルバム10選! | 洋楽のすゝめ

【名盤】最恐ヒップホップ集団!ウータン・クラン関連のおすすめアルバム10選!

1992年結成。個性爆発MC集団、ウータン・クラン。90年代最恐のヒップホップ・グループ。

RZA(レザ)、GZA(ジザ)、オール・ダーティ・バスタード、メソッド・マン、ゴーストフェイス・キラ 、レイクウォン 、インスペクター・デック 、U-ゴッド 、マスタ・キラ 、カパドンナ。各メンバーは、グループ活動にとどまらず、ソロとしても数多くの傑作を発表しました。

今回は、ウータン・クラン関連の私的名盤を紹介します。

それでは第10位から…

10位:Supreme Clientele / Ghostface Killah

2000年発表。ゴーストフェイス・キラの2ndアルバム。

ゴーストフェイス・キラのソウル志向が反映された傑作(全米7位)。当時、低迷気味だったウータン・クランを救ったとまで評価されました。

③「One」、⑥「Apollo Kids」、⑧「Buck 50」、⑫「We Made It」、⑲「Wu Banga 101」がグッド。アルバム・ジャケットもソウル感が出ていてカッコイイです。

9位:Blackout! / Method Man Redman

1999年発表。メソッド・マンとレッドマンの1stアルバム。

最強のふたりが生んだ傑作(全米4位)。エリック・サーモンのプロデュースが多いため、ウータン・クランっぽさは少めですが、エリック・サーモンの作るディープでファンキーなトラックは、メソッドマンとレッドマンとの相性抜群。

②「Blackout」 ⑤「4 Seasons 」 ⑦「Da Rockwilder」 ⑧「Tear It Off」 ⑫「Run 4 Cover 」がグッド。アルバム・ジャケットも内容とマッチしてカッコイイです。

8位:As Bobby Digital In Stereo / RZA

1998年発表。RZA(レザ)の1stアルバム。

ウータン・クラン総帥RZAの実験的アルバム(全米16位)。シンセサイザーを多用したトラックとRZAの破壊力抜群のラップがマッチ。最初は耳障りなシンセサイザーも聴く度に心地良くなる傑作。

「②B.O.B.B.Y」 「⑦N.Y.C Everything」「⑧Mantis」「⑪Terrorist」がグッド。アルバム・ジャケットには、RZAのB級志向が見て取れます。

7位:Tical / Method Man

1994年発表。メソッドマンの1stアルバム。

RZA全面プロデュース作品(全米4位)。RZAのディープで不穏なトラックとメソッド・マンの唯一無二のラップ・スタイルがマッチした傑作。

「③Bring The Pain」「④All I Need」「⑧Release Yo‘ Delf」「⑪Mr. Sandman」「⑫Stimulation」がグッド。通常版には未収録の「④All I Need」のリミックス(パフダディ)「I’ll Be There for You / You’re All I Need to Get By」はグラミー賞を獲得した名曲。アルバム・ジャケットは、これぞメソッド・マンという感じでカッコイイです!

6位:Return To The 36 Chambers / Ol‘ Dirty Bastard

1995年発表。オール・ダーティ・バスタード(以下、ODB)の1stアルバム。

RZA全面プロデュース作品(全米7位)。絶頂期のRZAのトラックにウータン・クラン屈指の奇人変人ODBの抜群のセンスがマッチした傑作。ODBファンには最高のアルバムです。

「②Shimmy Shimmy Ya」、「③Baby C´mon」、「④Brooklyn Zoo」 「⑦Damage」、「⑭Proteck Ya Neck II The Zoo」がグッド。アルバム・ジャケットは、ODBっぽい個性の出し過ぎが良い感じです。

5位:Wu-Tang Forever / Wu-Tang Clan

1997年発表。ウータン・クランの2ndアルバム。

ヒップホップ・ファンからの支持を失った2枚組大作(全米1位)。当時は、ヒップホップ・ファンよりもロック・ファンから高い評価を受けました。最初は少し単調で退屈に感じますが、聴く度にいろいろな発見のあるスルメ・アルバム!RZAの研ぎ澄まされたトラックは20年先を行っていたのかも…。

「②Reunited (Disc1)」「③ For Heavens Sake (Disc1)」「⑦Severe Punishment (Disc1)」 「⑩A Better Tomorrow (Disc1)」 「②Triumph (Disc2)」 「③Impossible (Disc2)」「⑥The City (Disc2)」「⑨The M.G.M. (Disc2)」 がグッド。アルバム・ジャケットはイマイチ。

4位:Ironman / Ghostface Killah

1996年発表。ゴーストフェイス・キラの1stアルバム。

RZA全面プロデュースの傑作(全米2位)。ソウルフルでファンキーなトラックとゴーストフェイス・キラのハイトーンでスピーディーなラップがマッチ。ただ、全体的には、1位~3位のウータン・クラン関連作品と比べるとやや劣ります。

「①Iron Maiden」「⑦Winter Warz」「⑧Box In Hand」 「⑪Daytona 500」「⑬Black Jesus」 「 ⑭After The Smoke Is Clear」がグッド。レイクォンとカパドンナも映ったアルバム・ジャケットには最低ランク。邦題「ムキムキマン」もヤバい…。

3位:Liquid Swords / GZA

1995年発表。“ザ・ジーニアス”ことGZA(ジザ)の2ndアルバム。

ウータン・クランの1stアルバムとレイクォンの1stアルバムに肩を並べる名盤(全米9位)。個性派揃いのウータン・クランで最高のラップ・スキルを持つGZAの才能と独特の世界観は別格。

「②Duel Of The Iron Mic」、「③Living In The World Today」、「④Swordsman」、「⑤Cold World」、「⑦4th Chamber」、「⑧Shadowboxin‘ 」、「⑩Investigative Reports 」、「⑬B.I.B.L.E.」がグッド。アルバム・ジャケットもアルバム・タイトル「Liquid Swords」もセンス抜群!

2位:Only Built 4 Cuban Linx / Raekwon

1995年発表。“シェフ”ことレイクォンの1stアルバム。

米ソース誌でマイク5本を獲得したヒップホップ・クラシック(全米4位)。個性派揃いのウータン・クランの中で正統派レイクォンが放ったウータン勢のソロ最高傑作。普遍的なレイクォンのラップは、RZAのトラックを更なるレベルへと引き立てます。

「②Knuckleheadz」、「③Knowledge God」、「⑤Incarcerated Scarfaces」、「⑦Guillotine(Swordz)」、「⑪Glaciers Of Ice」、「⑯Wu-Gambinos」がグッド。ゴーストフェイス・キラと一緒に写るアルバム・ジャケットは最低レベル。

1位:Enter The Wu-Tang (36 Chambers) / Wu-Tang Clan

1993年発表。ウータン・クランの1stアルバム。

米ソース誌でマイク5本を獲得したヒップホップ・クラシック(全米41位)。RZAが作るチープでB級ホラー映画っぽいトラックと個性爆発MC達のラップは中毒性満点。一度ハマったら脱出不可能な大名盤。

「②Shame On A Nigga」、「⑥Da Mystery of Chessboxin‘」、「⑦Wu-Tang Clan Ain’t Nuthing ta F‘ Wit」、「⑧C.R.E.A.M.」、「⑨Method Man」、「⑩Protect Ya Neck」、「⑪Tearz」がグッド。アルバム・ジャケットも楽曲とマッチ。

まとめ

1位:Enter The Wu-Tang (36 Chambers) / Wu-Tang Clan
2位:Only Built 4 Cuban Linx / Raekwon
3位:Liquid Swords / GZA
4位:Ironman / Ghostface Killah
5位:Wu-Tang Forever / Wu-Tang Clan
6位:As Bobby Digital In Stereo / RZA
7位:Tical / Method Man
8位:Return To The 36 Chambers / Ol’ Dirty Bastard
9位:Blackout! / Method Man Redman
10位:Supreme Clientele / Ghostface Killah

ウータン・クランは、現在も活躍するヒップホップ・グループ。グループ、ソロ、サントラ、企画盤を合わせると発表したアルバムは数知れず。その中でも1993年から1997年に制作されたアルバムは、RZAの絶頂期ということもあり最高ランクに位置します。